Homeお知らせ | 入荷情報 | 釣果報告 | お客様釣果報告 | about POSEIDON 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回早速リアルクレセント611でのアジング釣行をしてきましたのでお知らせします

今回は近日発売予定のリアルクレセント611ジグヘッドスペシャル最終プロトでの釣行です
今回のモデルはリップル初のジグヘッド単体モデル、しかもガイドはトルザイトと言う事で
個人的にもワクワクしながらのテスト釣行

今回釣行に選んだ場所は右に左に一方通行の潮、水深は深いとこで10メートル
いつもならリアルクレセト71SR・76WRを使ってスプリットorキャロでやってる場所
この日は611ジグヘッドスペシャル若干重めの1.2gと1.6gで展開してみました。

まずはキャスト! 単体モデルながら全体的にパリっとしてるので垂らし長めが飛距離が出る感じ。
リアルクレセント独特のキャスト音、ピタっと止まるティップはこのモデルでも健在。。

そして驚くべきは個人的にはあまり重要視していない感度!
思わずビックリあわせをしてしまう程「コツッ」と出ます。
イカナゴを捕食しているハイシーズンのメバルの中りに近いかもです。

最大尺程度のアジしか釣る事ができませんでしたが、張りがありながらもしっかり曲がります。
足元での突っ込みにも全く動じない安心感!そして、抜き上げの怖さも皆無。


DSC05237.jpg 


個人的にここ数カ月良い釣りが展開できてなかった事もあり、しかもこのポイントの現在のポテンシャルを
考えれば満足な釣行となりました。

DSC05240.jpg
  


これからアジにメバルにと良い季節になるのでこのロッドで釣行を重ね、自分自身も楽しみながら
良さを伝えていけたらと思います


タックルデータ

ロッド   リアルクレセント611ジグヘッドスペシャル
リール  ヴァンキッシュ 2000S
ライン  JOKER 0.5号
リーダー グランドマックスFX 0.8号 

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。